第2回写経のお知らせ

およそ2500年前インドで仏教を開いたお釈迦さまが、生きていた時代のお話です。

お釈迦さまが悟りを開いてから亡くなるまでの間、多くの人々に教えを伝え、仏教はお釈迦さまを中心に成り立っていました。

弟子たちがお釈迦さまの教えをまとめられ、紀元前1世紀ごろようやく文字で書かれるようになった。これを書き写すようになったのが写経の始まりです。

西遊記の物語に登場する三蔵法師のモデルとなった(玄奨)げんじょうというお坊さんは、御経をインドの言葉から中国の漢字に翻訳した。

「写経すると良いことがある」と書かれています。

字が綺麗になり、心の安定に効果があり、脳の活性化にも繋がります。

この機会に始めてみませんか!

日時・・・10月30日(水)・31日(木)どちらか都合の良い日

場所・・・カフェギャラリー星の船2階 昭和区東畑町1−32−3

     地下鉄八事線 荒畑駅2番出口北へ徒歩2分

時間・・・10時から13時(ランチ飲み物付き)

料金・・¥4,200(自筆お手本・道具・ランチ飲物デザート含む)

★希望者には瑞穂区安楽寺にて奉納も受け付けます。但し別途¥500かかります。

★お席に限りがありますのでお早目に予約をお願い致します。

ご予約、質問等、090−7698−7893 わらしなまでお気軽にお問い合わせください。